中小企業経営者・幹部の方
社員に関してこんなお悩みはありませんか?

以下で1つでも当てはまる場合は、
ぜひお問い合わせください。
きっとお役に立てるはずです。

なぜ悩むことに…?

「対人関係」が社員の働く意欲低下、退職理由の大きな原因

リクナビNEXTが調査した「離職理由の本音TOP10」によると、

1位:上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった(23%)
2位:労働時間・環境が不満だった(14%)
3位:同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった(13%)

となっており、離職の原因のうち、「対人関係」に関することによるものがかなり多いことが明らかになっています。

また、対人関係がうまくいかないために、働く意識が低下してしまい、仕事のパフォーマンスにも影響。仕事のミスの増加や、お客様へのサービスの低下などの負のスパイラルに陥り、最悪うつ病などの精神疾患を患い、休職になるかもしれません。

これは会社に関わる全てのステークホルダーにとって良いことなのでしょうか?

対人関係解決のキーワード「自己肯定感の向上」「相互承認」

対人関係を解決するため、これからの企業は何をしていかなくてはならないのでしょうか?

結論から申し上げますと、社員1人1人に、まず自分自身のことを好きになってもらう=「自己肯定感」を高めることです。

自己肯定感を育てるスペシャリストであり、NHKクローズアップ現代+の取材実績もある岩堀美雪氏は、自己肯定感とは「欠点も長所もありのままの自分を丸ごと認める気持ちであり、人の心の健康の土台、樹木に例えれば、根の部分」と仰っています。

また、岩堀氏は自己肯定感の向上によって、社員1人1人の意識の変化だけでなく、互いが互いをより理解し合える相互承認に繋げることにも言及

組織のコミュニケーション活性化、対人関係の問題解決が期待され、働きやすく働きがいのある職場となり、結果として生産性が向上するのです。

NHKも注目!「自己肯定感の向上」を通じて
社員1人1人の意識を改革し、強い組織を創る
日本初の教育プログラム(宝物ファイル)をご提案

開催風景

宝物ファイルが選ばれる「3つの理由」

【1】30年間 人の心に向き合った
自己肯定感スペシャリストが監修

宝物ファイルとは、2000年に岩堀美雪氏が子どもの「自己肯定感」を育むために独自開発した手法のこと。岩堀氏は小学校の教員として、いじめゼロ・個性が尊重される教育の実現を目指し、まだ世に「自己肯定感」という言葉が認知されていない時代から地道に向き合い続けてきた、自己肯定感を育てるパイオニア的存在なのです。

福井県の小学校の教員として30年以上の経験を有し、現在は一般社団法人「子どもの笑顔」代表理事、また、福井大学子どものこころの研究発達センター特別研究員もつとめられております。さらに、岩堀氏ご自身が大阪大学大学院連合小児発達学研究科後期博士課程へ通うなかで、いじめや虐待、パワハラなどにより、脳科学・心理学・教育学の視点から、脳の委縮、視野が狭くなり、自閉症になる可能性が高まるということが分かりました。

岩堀氏が長年の教員生活のなかで「いじめ」「喧嘩」「個性が尊重されない教育」等、数々の問題に遭遇した際に、生徒や親と向かい合った実践に実践を重ねた経験と、大学院で学んだ脳科学・心理学・教育学の研究結果を踏まえたカリキュラムとなっております。

【2】無意識に楽しく自己開示
心の距離が縮まるワーク満載

自己肯定感の向上において重要となるのが、自己開示と参加者との心の距離を縮めること。そのためのワークと仕掛けが盛りだくさんであることも宝物ファイルが選ばれる理由の1つです。気付けば、日頃話したことのない話題から新しい発見も生まれ、心の距離が近くなっていきます。

例えば、とあるお題が書いてある16枚の「お話カード」を使って1つのお題についてあるいはグループごとに話しをしたり、言葉を一切発さずにボディランゲージだけで伝えたいことを伝えるゲームをしたり、グループで1つのテーマについて考えるなど内容は多彩です。

【3】可能な限り己をさらけ出し
互いをより知り合うカリキュラム

宝物ファイルでは、自分の内面に問いかけて浮かんだことをアウトプットしていくためのセッションが組まれています。つまり心の内側から外側に働きかけていくのです。なぜなら、いくら外側だけのことを行っても解決にはならないからです。例えるなら、病気の治療において、その場しのぎの応急処置ではなく根本原因を追究したうえでの治療が大事だということ。これは自己肯定力を高めていくうえでもとても大切です。

各セッションごとで書いた内容はグループの中で発表します。発表内容を参加者同士で聞き合う時間を通じて、自分以外の相手のことを深く知ることは、自分の人生に大きなプラスになることを実感できるからです。「このような考えや、過去があったとは知らなくて驚いた」「お互いのことをより深く知ることができた」「心の距離がさらに縮まった」などの喜びの声をいただいております。

宝物ファイルのカリキュラム

講座概要

時間

8時間~
※参加人数・研修のカスタマイズ内容によって変動します

人数

4名~
※過去の開催実績は最小6名、最大16名となっております

費用

時間と人数によって異なるためお問い合わせください
※費用感は1名8時間60,000円(税抜き)前後となります

場所

フォーバル青山本社、神保町セミナールーム、CIESF(シーセフ)事務所内ミーティングルーム
※場所は相談に応じます

カリキュラム詳細

セッション1

自己肯定感の大切さと宝物ファイルの実践例を学ぶ

セッション2

カードを使って会話

セッション3

自分の長所を考える

セッション4

宝物ファイルに名前をつけて表紙を作る

セッション5

生まれてから中学を卒業するまでを振り返る

セッション6

高校入学から現在にいたるまでを振り返る

セッション7

両親のことを書く

セッション8

こころに残る出会いを書く

セッション9

仲間のいいところを書く

セッション10

いま心に浮かぶ人へのメッセージを書く

なぜフォーバルが自己肯定感の
教育カリキュラムを?

社是、ビジョンを実現させるため

フォーバルには不変の理念(社是)と、世界を見据えた100年・30年・10年ビジョンがあり、実現に向けて滑った転んだを繰り返しながらも現在進行形で少しずつ進んでる最中です。

一方で、岩堀氏は「自分の国も相手の国も大好きな人を増やして世界平和に貢献する」ことを夢とされています。

双方の未来への想いが合致し、宝物ファイルをさらに世に広めていくことは、人材が定着しない、社員とのコミュニケーションに悩む日本の中小企業にとって役に立つと強く感じたことで、挑戦を決断しました。

お問い合わせから講座開始までの流れ

お問い合わせ

担当より連絡
電話にてヒアリング

必要に応じてお伺い
提案に向けた打合せ

ご提案内容
御見積提示

契約書締結
お申込み

講師交えた
詳細打合せ

実施事例

福島県郡山市 株式会社H様

社長含む、幹部陣6名による研修実施。

よくある質問

自己肯定感を高めて、相互承認に繋がるポイントとは何?

以下の5つのポイントが挙げられます。

8時間は長い、もう少し短くはできないか?

大変申し訳ないですが、これ以上短くすると、プログラムの内容自体に支障がでるため難しいです。

元々は16時間分の講座でしたが、少しでもコンパクトにできないかという要望を受けて、試行錯誤の結果、今回の8時間バージョンが完成しました。

代替案といたしまして、どのような講座かを、より知っていただくために1時間程度でオリエンテーションさせていただくことは可能です。その場合、zoomなどのweb会議、もしくはご来社いただければそこでの話し合いは可能です。

場所は都内だけ?地方での開催はできないのか?

可能です。ただし、講師の出張費(宿泊・交通費)は別途でご請求させていただきます。また、事前の打合せも遠隔会議(zoomなど)での実施となります。

講師は誰がやってくれるのか?

宝物ファイルの発案者である岩堀美雪氏より直々に研修を受講し、公認の講師ライセンスを取得した4名が講師として担当いたします。

なぜ、岩堀氏とフォーバルが宝物ファイルを一緒に広めていくことになったのか?

弊社代表取締役会長の大久保秀夫が理事長をつとめる、公益財団法人CIESF(シーセフ)​の理事が岩堀美雪氏と繋がりがありました。ある日、大久保秀夫が岩堀美雪氏の考え方に共感・共鳴し、この取り組みを世に広めていくことは、人材が定着しない、社員とのコミュニケーションに悩む日本の中小企業にとって役に立つと確信したことで、全面的な支援を行うことになったのです。

宝物ファイルプログラムベーシック約款

自己肯定感向上プログラム=「宝物ファイルプログラムベーシック」は、以下のアドレスに掲載されている、「宝物ファイルプログラムベーシック約款」に従い、提供されるものとします。内容は以下から参照ください。

宝物ファイルプログラムベーシック約款(PDFファイル 242KB)