組織で共に課題に向き合い諦めない支援

この一文には、コンサルティングの支援先でいただいた声が集約されています。私たちの支援先の約3社に1社が、「言いっ放しで終わらない」「自分たち目線で考えてくれる」「社員を巻き込んでくれる」「魂を感じる」などのお言葉をいただきました。これらに重きを置いた支援をすることは当たり前なことであり、とても大切であると考え、日本一利益貢献にこだわり、コミュニケーションを大切にしたコンサルティング支援を提供することをお約束いたします。

実践型経営コンサルティング

フォーバルでは、経営者に寄り添い、ブレそうなときに軌道修正させるところから、全社員を巻き込み浸透を諦めない、机上の空論で終わらせない実践型の支援をいたします。一長一短ではいかないため、場合によっては数年単位での期間になりますが、浸透活動を乗り越えた支援先は、これ以上ない成果を実感されていらっしゃいます。

完全オーダーメイド研修

どのようなテーマの研修であれ、最終的には経営者の不変の理念とビジョンに社員が共感・共鳴し、皆が同じ方向を向いて自発的に歩むことができるかが大切です。そして、それを実現させる難しさも理解しております。

だから、私たちの研修は完全オーダーメイド。新人教育、幹部研修などの人材育成、また営業メンバーを集めての研修、さらには財務研修においても理念・ビジョンを重んじたオンリーワンのコンテンツを提供します。

さらに研修だけで終わらせない、研修の結果を踏まえ「経営者に寄り添い、社員を巻き込むコンサルティング」も視野に入れたご提案をさせていただきます。

組織風土の改革を通じた社員定着率向上プログラム

理念・ビジョンの実現において求められるのは、永続的に社員に働いてもらうこと。一方で、以下のような悩みを持つ経営者・人事責任者が増加しています。

・社員が思うように育ってくれない、能力を引き出せない
・社員が何を考えているのかが分からない
・社員とのコミュニケーションがうまくいっていない
・社員が会社を辞められてしまう、辞められないか心配

これら、社員(人)に関する悩みに応えるために何が必要でしょうか?辿り着いた答えが「自己肯定感の向上」でした。自己肯定感の向上を通じて、社員1人1人の意識を改革し、さらに「相互承認」で強い組織を創る。これらを実現できるのが、NHKクローズアップ現代+にも取り上げられた日本唯一の教育プログラム(宝物ファイル)。考案者と手を組み、独自の要素を加えた次世代社員定着率向上プログラムです。

 

支援を受けた経営者の声

共に歩み続けた経営者からの声をインタビュー形式でご紹介いたします。