Q

自転車で広告を出しています。

広告用の自転車を使って、社会的な取り組み(付加価値)を付けられないでしょうか。 AEDを自転車に取り付けるなど、世の中の流れなどを踏まえ、かつ世の中の人に役に立つ付加価値とは何か教えていただきたい。

A

自転車広告に対しての付加価値とのことですので、「自転車広告を売るにあたっての強みとしての付加価値を何か作れないか?」という観点で回答をさせていただきます。

例えば、「酷暑の日には冷たいお茶を配る」、「外国人観光客に対して積極的な案内をする(インバウンド需要取り込みは国の課題)」等は考えられることであると思います。

また、社会に役立つことに特化するのであれば、「広告費の1%を●●に寄付する」ことや「LINE@(広告主)の端末を自転車に付けて、登録が増える度に100円を●●に寄付します」などの企画も考えられるかもしれません。 

上記のことを挙げさせていただきましたが、全てアイデアでしかありません。今一度「何のために事業をしているのか」「この事業を通して社会をどうしたいのか」をご検討していただければと存じます。

本回答が貴社経営の一助になりましたら幸いです。