経営者からよくいただく相談内容と
コンサルタントからの回答例をご紹介いたします

人材(社員)育成の相談

社員教育について

事業所を拡大移転し、パートさんも増員した。社長である私が忙しくなったこともあり、工場内で、大きな声での私語が増えてきている状態で作業進行の遅れが目立つようになってきた。社員教育の観点から、なにか改善策ありませんか?

幹部育成について

自分(経営者)の右腕が育っていないことが悩み。出張先でもどこでも連絡があり、細かい判断を常々しなければならない。幹部をしっかりと育成していきたい。

人材育成について

5年以内には引退を考えている。それに伴って次の代に事業継承したいが、技術面、マネジメントの面でまだまだ伝えていかないといけないことがある。他の企業が取り入れている人材育成のプログラムや成功事例等など教えていただきたい。

会社の方針と社員の行動を一致させるには

工事人は、一般的なイメージの通り身体を動かして仕事をする者であり、あまり考えることをしなていない。社長が会社の方針を決め実行に移そうとしても、現状と何も変わっていない。他の企業(特に職人系の業種)ではどういった風に社員教育を行っているのか事例などがあればぜひ知りたい。

営業社員のビジネスマナー研修について

どんなものを受けさせていったらいいのか、教えてほしい。

業績を上げてくれる人材にするには

社員数5名のリフォーム業です。営業は殆ど社長がしている状況で、2名の現場の社員を、現場と営業という二種の仕事をさせたいと考えていますが、業績を上げてくれる人材にするにはどうしたらよいか。

社員の意識改革、仕事の意識を変えるには

人材が育たないことが課題になっています。社員にノルマがなく、大手企業からの安定的な仕事の供給があるため、社員が仕事を取ってくるという意識がないことが課題になっています。今までは「お客様先で余計なことをしない。」ということが会社の方針でした。しかし最近では…

他社の教育事例や効果、効率よい社員教育が知りたい

最近、社員の中途採用などで1年未満の社員数が増えました。見積や社内ルールなど、これまではベテラン中心だったので問題無かったが、教育への負荷が増え、一時的に作業効率が悪くなっています。他社の教育事例や効果、効率よい社員教育があれば意見がほしい。主に事務系で社歴が若い社員について(但し社員は若くない)。

若手の人材育成について

ベテランの職人が退職し、若手の人材育成が急務です。外部から職人を雇う予定もなく、若手社員を育成していきたいのですが、現状は専務から下の役職者が少なく、特別昇級等でモチベーションを上げているが、他にいい方法があれば教えて欲しいです。

若手・中堅・幹部の階層・年代別育成方法

中国と日本でビジネスを展開しているが、日本でのビジネスにおいて片腕となりうる人材がなかなか育たない。どのように幹部社員を育てていけばいいか。

従業員のモラル向上

本業ではありませんが、友人のオーナーが亡くなったため、日本橋のcafeの運営を任されることになりました。根本的な問題である外国人のスタッフのモラル向上のため、どのような取り組みをすべきか。

採用した人材を長続きさせるために

昨年採用した新人の職人さんが1年経たずに辞めてしまい、求人について課題となっております。若手の人材について、長続きさせる手法など、人材教育についてもアドバイスいただければと思います。

若手社員のモチベーション維持について

半導体装置などの設計製作企業です。現在、若手従業員の採用・育成に力を入れていますが、若い社員のモチベーション維持に苦心しています。過去に、新しい人材が定着する前に退職してしまった経験があるため、早期退職されないようにするためにはどうしたらよいでしょうか。

No2の発掘と育成について

靴やカバンの修理工房と複数店舗を経営しております。現在人手が少なく、社長自ら各店舗への商品や部材の配達をしている状況です。社長の右腕となる人材の発掘と育成についてどのようにしたらよいか教えてほしい。

No2に経営者意識を持たせたい

現在、創業者でもある会長が会社全体のかじ取りを行っております。会長としては、今の社長か専務に会社を引き継いでもらいたいと考え、そのように社内の体制を変更し運営しています。ただ、会長の思いとは裏腹に、社長も専務も経営者意識が全くなく、現場で作業をこなすだけの状況になっており、会社を運営する経営者としての意識が全くありません。立ち行かないようならば売却する事も考えていますが、極力は売却したくありません。売上を上げる事やコスト意識を持たない社長や専務に、経営者意識を芽生えさせるにはどのようにしたらよいでしょうか?

取れる営業育成のコツとは

新規顧客の開拓と、営業人材の教育について、どのように行っていけばよいか?

社員の仕事に対するモチベーションについて

納品が迫っている仕事に対し、従業員が仕事を行わず定時で帰ってしまう。従業員がもっと経営者的視点で仕事を捉え、責任を持って仕事を完結するようにするための指導・教育方法はないでしょうか?

効果的な従業員教育とは

今後、社員の教育に力を入れていきたいのですが、どのように進めていけばよいのでしょうか?

事業の相談例

新規事業の立ち上げ~今後の事業展開とビジョン~について

新たな事業を立ち上げることになったが、今後さらにその先の展開までのイメージができていない。

付加価値について

自転車で広告を出しています。広告用の自転車を使って、社会的な取り組み(付加価値)を付けられないでしょうか。

潜在顧客の掘り起こし

企業向け廃プラスチックのリサイクルをしている企業です。廃プラスチックが出る樹脂メーカーや工場に新規アプローチをしたいと考えておりますが、産廃処理している相手企業の意識をゴミ処理からリサイクルへ変えさせるために、どの様なアプローチ方法が有効でしょうか。

税理士の営業手法について

税理士事務所を経営しております。民宿コンサルを今月から本格始動させ、DM(パンフレット)を配布しましたが、反応が今のところありません。後追いや効果測定する上で、良い方法はないでしょうか。

新規の顧客を増やしたい

デザイン業をしています。仕事の8割が、旅行会社のチラシやパンフレット制作です。今後はもっとデザインに特化した仕事を増やしたいと考えていますが、新しく入ってくる仕事は紹介や既存顧客からの依頼がほとんどです。営業もいないため、どのようにすればもっとデザインに特化した仕事をふやせるでしょうか。

カネ(売上・利益・資金調達)関連の相談例

売上を伸ばす広告手法

ホームページからの新規顧客獲得のためにリスティング広告にたよっていたが、1・2カ月下回ってきたので予算を倍にする予定です。その他によい広告宣伝があればお願いします。

安定した収益を確保していきたい

3年連続で赤字が続いており、新たな投資は控えた上で売上拡大をしていくことが急務となっております。小口の案件から仕事をこなしていき、安定した収益を確保していきたいと考えておりますが、まず優先して取り組むべき部分はどこか、他社での事例や参考になる点等教えてほしい。

販促活動手法

化粧品を製造し、ネット販売を行っています。来期は販促活動に力を入れようと考えています。ただ、現在の営業チャンネルはBtoCでネット販売のみです。キャンペーン以外にどのような販促活動をおこなったらよいでしょうか。

資金の調達について

システム開発を行っている会社です。起業して1年目。今後、従業員を5名雇用予定です。 起業して1年目の会社でどのような資金調達の方法がありますか

人材募集・採用の相談例

人材募集について(リフォーム業)

現在仕事量がどんどん増えてきており、人が足りない状況なので、ハローワークで募集しているもののなかなか良い人材が集まらない。

人材採用について

若い人材は常に募集していますが、業界全体のイメージもあり、うまくいきません。また、社長自身多忙なため、採用活動になかなか時間もさけない状態です。何か良い方法がないでしょうか。

社内統制・制度の相談例

社内統制について

営業が社有の携帯や車両を私用で利用し、休日に事故を起こした。社内統制の必要性は感じているが、注意すべき点などありますか?

従業員の評価制度

4店舗の居酒屋を経営しております。従業員(店長や正社員、アルバイト)から給与アップの話があると、今までは、社長の判断で給与額などを決めていました。今後は会社としてきちんとした基準を設けて判断していくようにするべきと考えております。そこで、飲食店で社員の給与をアップする時に、基準にしている内容や評価制度があれば教えてください。

後継者問題・M&A・事業承継の相談例

後継者問題について

後継者問題で悩んでいる。どのようにしたらいいのか?

働き方改革の相談例

働き方改革における業務効率向上

働き方改革に伴い、社員の出退勤など労働時間の管理手法事例を教えてほしい。

働き方改革等の社員浸透について

働き方改革について、年間5日間の年次有給休暇の取得に関しては既に昨年より取り組みをしていましたが、結果として5日間の取得には至らず、制度浸透に課題が残りました。年次有給休暇の取得も、それ以外の今後始まる制度に関しても、社内へ浸透させて行くための方法を教えてほしいです。