日本経済の回復は著しくバブル時代を超えたと言われています。また企業の内部留保は過去最高にまで積みあがっておりいよいよ個人消費の上昇を待つばかりです。しかしこんな状況にも関わらず、これからは中小企業の倒産が増加すると言われています。そう、人不足による倒産です。いくら需要があり顧客がたくさんいても、動ける社員がいなければ売上になりません。そしてこれから日本の労働人口は急激に減少し、中小企業には人が来ない時代がやってきます。

これまでバブル崩壊、リーマンショック等様々な壁を乗り越え続けて、10期連続営業・経常増益、2015年には東証一部上場を果たしたフォーバルが歩んできた経験を元にした人材採用、人材定着に至る、経営者の考え方のポイントを大公開いたします。また第二部では、東京大田区で特殊ガラス加工会社を経営しており、同業者が疲弊している中で顧客も売上も毎年伸ばしている西尾硝子鏡工業所の西尾氏に登壇していただきます。西尾氏の「在り方経営」に基づいた、社内改革、人材採用、人材育成などの成功の秘訣を余すところなく語ります。中小企業経営者の考え方の根本を揺るがす2時間です。