魅力的な約9,000万人の人口を有し、急伸するベトナム国内市場は、都市部では一人当たりのGDPが3000ドルを超え、モータリゼーションの波が勢いを増しております。

引き続き底堅い『製造業』としての「自社工場の進出」や「生産委託先の開拓」、そして、『サービス業』として現地企業をターゲットに「現地法人設立」や「販売代理店の開拓」でビジネス展開を検討される日系企業様も非常に増加してきております。

ただ、外資100%だけではなく、M&A・合弁など、多種多様な選択肢があり、最適な進め方に悩まれるケースも増えてきております。

本セミナーでは、実際にベトナムビジネスを進めるにあたり、どのような手段をチョイスすることがベストなのか、実際に進めていくにあたりどのような進め方をしていく必要があるのかを、具体的にお話しさせていただきます。