伊那食品工業 塚越寛最高顧問に聞く、48期連続増収増益を実現した年輪経営の真髄

フォーバル大久保秀夫と伊那食品工業塚越寛最高顧問との対談

南信州の伊那谷に本社を構える国内ナンバーワンの寒天メーカー、伊那食品工業。

「会社の存在意義は人々の幸せの追求にある」との理念に基づき、着実に企業を成長、永続させる「年輪経営」を実践し、48期連続増収増益を実現しています。

日本を代表するグローバルカンパニーの経営幹部たちも足しげく視察に通う同社を最高顧問として率いる塚越寛氏に、その経営の真髄についてお話をうかがいました。

社員が「会社が良くなった」と思うことが会社の成長

フォーバル 代表取締役会長 大久保秀夫(以下大久保):伊那食品工業は48期連続で増収増益という、なかなか真似のできないことを実現していらっしゃいます。

伊那食品工業 最高顧問 塚越寛氏(以下塚越氏):48期増収増益というのはマスコミなどでよく言われていることですが、私自身は48期ではなく1958年の創業以来、ずっと右肩上がりで成長し続けていると考えています。

と言いますのも、私はかねてから会社の成長とは、「以前よりも会社が良くなった」と社員が感じることだと考えているからです。数字だけであれば、利益が少しでも減ると、その時点で成長が終わったととらえられてしまうのですが、それは安直な考え方だと思います。

本当の意味での会社の成長とは、数値面だけでは推し量れないものがあるはずです。

大久保:おっしゃるとおりだと思います。

昨今、多くの企業は欧米型の資本主義に毒されています。ともすれば数字上の成長にばかり気を取られ、リストラと称して社員をクビにし、見せかけの利益によって株価を上げることしか頭にないような経営者が非常に多い。これは邪道の経営です。

だからこそ私は「王道経営」を掲げて、正しい経営の道を一人でも多くの経営者に伝えていきたいと考えています。

病、経営難…若い頃の経験が教えてくれたこと

大久保:ところで最高顧問は、そもそも伊那食品工業の創業者ではなかったわけですが、社長になったのはどういう経緯だったのですか。

塚越氏:伊那食品工業は、寒天製造の近代化を進めてここまできました。

かつて自然の気候を利用して寒天をつくっていた頃は、厳冬の夜間、寒気にさらす必要があったため、つくれる期間が12月の中旬から2月中旬くらいまでに限定されていました。

それを通年生産できないか、という思いからスタートしたのですが、何しろ技術力がなかったので経営が非常に苦しく、倒産寸前でした。

そんな会社の債務の保証人の一人に、私が当時勤めていた製材会社の社長がいたのですが、あまりにも赤字が嵩むので怖くなったのでしょうね。

何とかしなければと考えたときに、たまたま私がその製材会社で目覚ましい働きをしたことから、それを見込まれて、社長代行として立て直してこいと言われ、21歳のときにこの会社にきたのです。だから、登記上は違いますが、実質的に私が創業者なのです。

大久保:21歳で会社の経営を任されるというのもすごい話ですね。

塚越氏:実は私は17歳のときから3年間、肺結核の闘病生活を経験しています。

肺結核は当時、まだ死病と言われていて、治るかどうかもわからない病気で、通っていた高校を中退して入院生活を送りました。その間に同級生は進学していきましたから、正直、プレッシャーでした。

ただ、その焦りのなかでひとつ、他の同級生は知ることができなかったあることに気付きました。それは何かというと、人間は歩けるだけでも幸せだということです。病気が治って、外に出て歩けるようになったときには、心の底から幸せなことだと思ったものです。

ましてや働けるなんていうことは、その何倍も幸せなことです。だからこそ、働けるのであれば、どんな仕事でも良いと思い、与えられた仕事にひたすら邁進しました。本当にいろいろな研究もしましたし、学びました。いまにして思えば、あの病気によって私は成長する機会をもらったのです。

大久保:それが48期連続の増収増益を支えてきたのですね。

塚越氏:増収増益にも幅の違いがありましたが、いちばん大きかったのは2005年に健康志向からきた寒天ブームによって、年商144億円だった会社の売上が1年間で56億円も伸びたときです。

お客様が求めているのであれば応えなければいけないと考えて、昼夜を徹して増産体制を敷いたもののブームは1年で終息、翌年から売上が落ち込んで、それから3年間、後遺症を抱えることになりました。

このときは、急成長すると、その後には急落が待っているということを学びました。この2005年を除けば、比較的安定して成長し続けています。

組織には常に、2割の優秀な人、6割の普通の人、2割のダメな人が存在

大久保:最高顧問は『リストラなしの「年輪経営」』というご著書をお持ちで、実際にそれを実践していらっしゃいます。

多くの企業は、景気や業績が悪化すると、すぐにリストラによる人員整理に走りがちですが、そういう厳しい状況でも人員整理をせずに、淡々と経営を続けていけるのはどうしてですか。

塚越氏:長年、経営に携わっているうちに、ある種の悟りに達しました。これはおそらく正しいことだと確信しているのですが、組織には「2・6・2の法則」というものがあるのです。

人間社会にはさまざまな組織があって、そこにはいろいろな人が集まってきます。会社はその典型的なものといっていいでしょう。2・6・2というのは、その組織の構成員のうち2割は優秀、6割は普通の人たち、そして2割はダメというものです。これは会社だけではなく、どのような組織にも当てはまる法則だと、私はこれまでの経験から学びました。

組織のメンバー全員のレベルを上げていくことが大切であり、企業の永続につながる

塚越氏:それで、この法則をどう活用するのか。たとえば会社だったら、少しでも組織を強いものにするため、2割のダメな人たちを排除しようとします。これがリストラです。

しかし、その結果、残った2割の優秀な人たちと6割の普通の人たちでこれまでよりも強い組織がつくられるのかというと、実はそうではなくて、残った人のなかで、また2割の優秀な人、6割の普通の人、そして2割のダメな人というように分かれていきます。

2割のダメな人を排除しても、結局ダメな2割は常に組織に存在し続けるのです。ではどうすればいいのか。本当に大事なのは、リストラするのではなく、組織のメンバー全員のレベルを上げていくことです。

2割の優秀な人も、6割の普通の人も、そして2割のダメな人もレベルアップさせていく。それによって組織は強いものになるのです。

大久保:全員のレベルを上げていく先に、組織を永続させるということがあると思います。

昨今は利益を上げることが目的と思われがちですが、利益は組織を永続させるための手段に過ぎないと私は常々考えています。その点についてどのように思われますか。

塚越氏:私も同感です。どれだけ良い会社であったとしても、永続しなければ何の意味もありません。

もう一歩進めていえば、会社の目的は自分たちを含め、会社を取り巻くすべての人々が幸せになることです。その手段のひとつとして会社を永続させることが必要だと考えています。

究極の目的は自分たちが幸せになり、まわりの人々を幸せにすることです。もちろん、利益も売上もその目的を達成するための手段に過ぎません。

良い会社を目指すため…年輪経営を貫徹する

大久保:伊那食品工業はいまも理想的な会社の姿だと思いますが、会社と社員の未来について、さらにこうあって欲しい、こうなって欲しいと希望することはありますか。

塚越氏:一生は一度しかないのだからもっと幸せになろうよと言いたいですね。そのためには、「忘己利他(もうこりた)」をやれと言っております。これはその字面のとおり「己を忘れて他人を利する」ということです。

我利というのは本能だから、教えなくても誰にでもできます。だから世の中には我利に走る人が圧倒的に多い。しかし、本当に大切なことは利他にあります。実は利他をすることによって、自分が幸せになることができます。他人の幸せのためになること、他人の幸せを考えることは、結局のところそれが自分に跳ね返ってくるのです。

企業経営についても、本来、上場というのは利他のためにあります。上場によって資金を調達し、もっと世の中の役に立つ商品、サービスを生み出していく。上場の本来の在り方は利他なのです。

ところが、多くの経営者は我利のために上場を目指しています。上場益によって金持ちになりたい、名誉を得たいということなのでしょう。しかし、それではダメなのです。

伊那食品工業の未来についても、現状維持ではなく、少しずつでも良いので成長し続けて欲しいですね。成長とはすなわち「以前よりも会社が良くなった」ということです。そのためには年輪経営を貫徹すること。

そして利他を心がけ、社会に迷惑をかけないよう会社を永続させること。これを進めてもらいたいと思います。

大久保:ありがとうございました。

今回対談にご協力いただいた媒体について

フォーバル王道経営

2018年に発行した「王道経営~これからの経営の在り方とは~」第7号の対談記事の一部を掲載しております。

フォーバルが提唱する王道経営の考え方に塚越氏が共感いただいたことで、今回の対談が実現したのです。

当日は遠方からフォーバル青山本社へご足労いただきました。改めて御礼申し上げます。

この記事の著者

平瀬 純

飲料業界のルートセールス等を経て、2005年にWEB業界へ挑戦。主にディレクターとして企業規模・業種問わず幅広い案件の進行管理を経験。現在は株式会社フォーバルコンサルティングディビジョンで顧客対応から、Web運用、セミナー企画・運営、後方支援等幅広い業務をこなす。一般社団法人ブランド・マネージャー認定協会1級保持者。